【終着地の風景】 馬橋線 馬橋駅入口-常盤平駅北口
 
馬橋駅入口から常盤平駅北口へ至る馬橋線。

路線の両端が駅である点と、更に小金原線との交差部分を除いては代替交通機関の無いエリアである為、両方向に一定の需要がある。


[馬12]常盤平駅北口行。

3438
馬橋駅入口にて
2016年9月27日
 
系統番号 主な経由地
馬12 馬橋駅入口-八ヶ崎入口-上の台-水砂-東-八原台-千葉西病院-常盤平駅北口
 
 ■ 常盤平駅北口 [馬12]  
馬橋線は八原台で小金原団地線の八柱経路と交差する以外は他路線との接続がなく、他に代替交通機関が無い為か、1日を通してコンスタントな利用がある。

馬橋駅入口行が停車中。

常盤平駅北口にて
2008104

常盤平駅の改札を出て、左手の階段を降りると馬橋駅入口行のバスが発着する北口に出る。
以前は、もう
1つの乗り場から小金原団地に向かう便が出ていたが、その役割を八柱便に譲り廃止された。
現在、乗り場跡は降車場という扱いになっている。

常盤平駅北口にて
2008104

[12]馬橋駅入口行

I-M35
常盤平駅北口にて
2008104

[馬12]馬橋駅入口行

3430
常盤平駅北口にて
2016年2月27日
[馬12]馬橋駅入口行。

3741
常盤平駅北口にて
2017年3月18日
 ■ 馬橋駅入口  
旧馬橋支所後に新たに設置された馬橋駅入口の乗り場&折返所。

馬橋駅入口にて
2012年5月5日

[馬12]常盤台駅北口行。

馬橋駅入口にて
2012年5月5日

[馬12]常盤平駅北口行

3440
馬橋駅入口にて
2017年3月3日
[馬12]常盤平駅北口行

3440・3409
馬橋駅入口にて
2017年3月3日
馬橋駅入口にて
2016年9月27日
3438
馬橋駅入口にて
2016年9月27日
[馬12]常盤平駅北口行。

3438
馬橋駅入口にて
2016年9月27日
[馬12]常盤平駅北口行。

3438
馬橋駅入口にて
2016年9月27日
[馬12]常盤平駅北口行。

3438
馬橋駅入口にて
2016年9月27日
馬橋線と松戸市コミュニティバスの乗り換え接続が図られている光景。


松戸市コミュニティバス
中和倉コース 右回り
3803

[馬12]馬橋駅入口行
3429

F馬橋駅入口にて
2018年6月16日
このような接続待ちが予め設定されているのか、それともタイミング次第、ドライバー次第なのかは分かりません。


松戸市コミュニティバス
中和倉コース 右回り
3803

[馬12]馬橋駅入口行
3429

F馬橋駅入口にて
2018年6月16日
3409
馬橋駅入口にて
2017年3月3日
普通の片側1車線の道路上にポツンと停まっているのが、以前の馬橋駅入口停留所。
以前は小金原団地に向かうバスも並ぶターミナルであった。

3716
馬橋駅入口にて
2008910

[12]常盤平駅北口行が停車中。

3716
馬橋駅入口にて
2008910

 ■ 沿線の風景  
[馬12]常盤平駅北口行。

3716
馬橋駅入口にて
2018年6月16日
[馬12]馬橋駅入口行。

3716
八ヶ崎入口-馬橋駅入口にて
2018年6月16日
[馬12]馬橋駅入口行。

3440
八ヶ崎入口-馬橋駅入口にて
2017年3月18日
[馬12]常盤平駅北口行。

3714
馬橋駅入口-八ヶ崎入口にて
2017年3月18日
馬橋駅入口を出発して1つ目の停留所。
国道6号線との交差点部分に設置されている。

八ヶ崎入口にて
2017年3月3日
[馬12]常盤平駅北口行。

3716
上の台-八ヶ崎にて
2016年4月3日
[馬12]馬橋駅入口行。

3403
八ヶ崎にて
2016年4月3日
その名も「さくら通り」。

[馬12]馬橋駅入口行。

3716
水砂-八ヶ崎にて
2016年4月3日
[馬12]常盤平駅北口行。

3407
水砂-三区入口にて
2016年4月3日
[12]常盤平駅北口行

3430
東-八原台にて
2016年8月31日

小金原団地線の八柱経路と交差する八原台の交差点にて

[12]常盤平駅北口行

3408
東-八原台にて
2008年9月10日

馬橋線は全線に渡り車幅が狭く、カーブの多いルートを走る。

[
12]馬橋駅入口行

3406
八坂神社前-八原台
2008年10月10日

[馬12]常盤平駅北口行。

3440
千葉西病院-常盤平駅北口行にて
2017年3月3日
[馬12]常盤平駅北口行。

3440
千葉西病院-常盤平駅北口行にて
2017年3月3日
[馬12]常盤平駅北口行

3428
千葉西病院-常盤平駅北口にて
2016年2月27日

 


 
コーナートップへ HOMEへ